訪問看護について

[訪問看護TOP] [訪問リハビリ詳細] [ご利用までの流れ]

住みなれたご自宅で安心した療養生活を送れるよう、看護・リハビリをご提供します。


訪問看護
24時間365日連絡体制で安心を支えます。


●医師の指示による医療処置

かかりつけ医の指示に基づく医療処置。
また、点滴指示がある場合、点滴をしながら、在宅で療養を続けるため、必要な処置を行います。

●病状の観察

病気や障害の状態、血圧・脈拍・体温などのチェックを行います。
また、療養生活のアドバイスや、介護相談などを行います。

●療養上のお世話

身体の清拭、洗髪、入浴介助
(医療処置と一緒に実施することも可能です)
食事の介助・指導(胃・鼻など経管栄養法の指導とカテーテルのケアを行います)
排泄の介助・指導(人工肛門のケア、バルンカテーテルの管理や交換)

●床ずれ予防・処置

床ずれ(褥瘡)や創傷の処置、床ずれ(褥瘡)予防のためのアドバイスを行います。
(専門医と連携し、環境や病状に適した様々な治療を行います)

●医療機器の管理

在宅酸素、人工呼吸器などの管理
機器の点検管理、合併症の対応。
また、吸入、吸引、痰の排出のアドバイスや呼吸訓練の実施を行います。

●認知症のケア

事故防止など、認知症介護の相談・工夫のアドバイスを行います。
(生活リズムの調整、コミュニケーションの援助)

●ターミナルケア

住みなれた地域やご自宅で最期まで過ごせるよう、癌やその他の疾患、
また高齢者の在宅での看取り、緩和ケアをサポートいたします。

24時間緊急対応
 営業時間外やサービスが予定されていない日に、24時間対応をおこなえる体制を整えています。
 ・電話対応:身体状況・病状確認、対応方法のアドバイス、主治医への連絡。
 ・訪問対応:電話対応では困難な場合など必要に緊急訪問支援。

訪問リハビリについて


在宅で、今必要なリハビリテーションを。


●脳卒中後遺症・神経難病 (※) などに対し専門的なリハビリ

 (※)厚生労働大臣が定める疾病等は医療保険での算定となります。
代表的な疾患: パーキンソン病関連疾患・脊髄小脳変性症・頸髄損傷

●退院後の継続したリハビリ

 ご自宅での機能改善リハビリや日常生活動作練習。
 住宅改修や福祉用具選定のアドバイス。
 
●加齢による整形外科疾患・内科疾患・廃用症候群などに対してのリハビリ

廃用症状の改善、住み慣れた環境に必要な動作練習。

●その他

 通所介護・通所リハビリに通いたいが自身がない。屋外活動に自信を持ちたい。
 自宅のベッドでリハビリが行いにくい場合は簡易ベッドを持参します。
 自宅環境・身体状況に合わせ様々なリハビリ用品・機器を持参します。


  • …代表挨拶

  • …訪問看護ステーション マザー

  • …居宅介護支援事業所 マザー

  • …リハビリステーション マザー

  • …リハビリスタジオ マザー


  • …【HOME】


  • ・会社概要

  • ・お問合せフォーム

  • ・採用情報

  • ・サイトマップ

  • ・プライバシーポリシー

  • ・インフォメーション


  • ページのトップへ戻る